28歳で彼氏と別れたのですが・・・

私はもうすぐ33歳になろうかという32歳独身OLです。

33歳にしては貯金も少なくて、全部かき集めても100万円あるかないかって感じです。

高校の同級生で同じく独身の友達は、推定1,000万円近い貯金があるみたいです。

それと比べると100万円もない私は、無駄遣いが多かったということなのでしょう。

もともと給料が安かったということもありますが、20代の頃は旅行や買物で散財していました。

結婚したら遊べなくなるし好きなモノも買えなくなるので、独身時代は貯金なんかしないで楽しむことを優先してきました。

それまで一緒に遊んでいた友達がどんどん結婚していくことに焦りを感じて、私も28歳から婚活を始めました。

というのも、それまで付き合っていた彼氏と別れることになったからです。

28歳で彼氏いないのって、結構焦りますよ。

30歳は近付いてくるし、周囲は結婚して子供が出来始めて幸せな過程を築いていくし。

だから私も本気で婚活をすることにしたんです。


 


焦って婚活を始めることにしたんだけど・・・

この婚活には、それなりにお金を使いました。

特に30代に突入する直前の29歳の崖っぷち頃は、2つの結婚相談所と3つの婚活サイトを掛け持ちで婚活していました。

年間で70万円くらい費用が掛かったのですが、それでも結婚相手を見つけるためなら必要経費だと思いローンを組んで婚活しました。

ところが婚活を始めて何人も男性を紹介されるのですが、なかなか理想とする男性とめぐり逢えませんでした。

今となって思うとこの理想が間違っていたのですが、当時はそれを分からずに突っ走っていたんですよね。

何度も結婚相談所のアドバイザーから「理想が高過ぎる」とか「そんな男性はほとんどいません!」と忠告を受けていたのですが、それでも理想を落とさずに婚活を続けていたんです。

というのも、短大時代の仲良し3人組の友達が、二人とも医者と結婚したんです。

そしてオシャレなマンションに住み、プチセレブな日々を過ごしているんです。

たまにお呼ばれして3人でお茶会するんですが、私だけ蚊帳の外で2人でセレブ話で盛り上がっています。

そんな中で、本音を書くと年収600万円の中小企業のサラリーマンや自営業の方と結婚する気にはなれなかったのです。

「職業は医者か弁護士か官僚か一部上場企業勤めで、年収は1,000万円以上」。

これが私の設定する条件でした。

本当に愚かな考えなんですが、当時の私にはそう思えてならなかったのです。

当然のことながら、条件に近い人は数が少ないので、できるだけ条件に近い人をいうことで紹介を受けていました。

でも、「年収600万円はちょっと・・・・」だとか平気で言っていました。

年収1,000万円は無理でも、最低ラインとして年収800万円くらいはないと・・・って言ってたんです。

あり得ないってば。

年収800万円って言ったら、普通の会社の役員クラスのお給料です。

いや~、世間知らずって本当に怖いですね。

当時の結婚相談所のアドバイザーの方は、「こいつはダメだ。」と思っていたでしょうね。

それでも懲りずにいろいろと紹介してくれていました。

一緒に利用していた婚活サイトでは、条件検索で「年収800~1000万円」で手当たり次第に探しましたが、本当にそんな人は数少なかったです。

年収条件が一致する男性に片っ端からアプローチしてみたのですが、誰一人としてお返事は返ってきませんでした。

そりゃ~容姿もメチャかわいいわけでもないし、年齢も29歳の崖っぷちOLなんて見向きもしてくれないですよね。

そんな婚活を1年近く続けていて、本当に心身ともに疲れ果ててしまいました。

いわゆる婚活疲れってやつです。

「こんなに一生懸命婚活をしても、私を求めてくれる人はいない・・・」と、結婚について絶望していたんです。

かなりのアホな状態ですが、30代を目前にして友達に負けない結婚をしたいと本気で思っていた悲しい女の現実でした。

友達に負けない結婚相手ではなくて、自分が幸せと思える結婚相手を探さないといけなかったのに・・・後悔しても後戻りはできません。

 


そうこうしているうちに30代に突入しました

そうこうしているうちに30歳を過ぎてしまい、理想の男性どころか大半の男性からアプローチを受けることが日に日に減っていきました。

その時の実感としては、30歳の誕生日を迎えた時点から一気に谷底に落ちる感じです。

会員登録している年齢が誕生日を迎えると自動的に29歳から30歳に変わるのですが、30歳になったら男の人から全く興味を持たれなくなるのが肌身に染みて分かりました。

男の人は若い女性が好きだっていいますが、アレって本当ですね。

一日しか違わないのに、29歳の私と30歳の私では「女性としての価値」が全然違ってくるのには驚きました。

まあ、私も年収でしか男性を見てなかったから、男性が年齢でふるいに掛けることに文句を言う資格もありません。

そうして私の婚活は終わりを迎えたのです。

諦めたら終わりだけど、もう辛い思いをするのも嫌だし、会社には30代や40代でも独身で活躍している女性も数人はいます。

私も仕事一筋でその人たちの後を追っていけば、なんとか生きていけるだろうってその時は思うようにしました。

ちなみに婚活を終えた私は、一気に老けました。

私には姉と妹いるのですが、2人から「あんた老けたねぇ~。ちょっとはお手入れしなさいよ!」と言われたので気付きました。

そういえば、それまでは実年齢よりも若く見られることが多かったですが、いつの間にかそんなことも言われなくなりました。

悲しいけど、恋をしない女って本当にくたびれていくんですよね。

一応スキンケアとかたまにエステに行ったりしたんですけど、なんかくすんでいるんですよね。

多分、気持ち的なところが原因だったと思います。

そんなある日のお昼休みの時間に、驚きの報告を受けたのです。

それは何かというと、私たち独身OLの頂点に君臨していた41歳のK美さんが「私、結婚することになりましたぁ~」って満面の笑顔で言い出したのです。

 


アラフォー先輩の奇跡のシンデレラ・ストーリー

一同唖然となったのですが、なんとか気を取り戻して「おっ・・・おめでとうございます~」とだけは言うことができました。

とにかく寝耳に水だったのですが、嬉しそうに婚約報告をするK美さんの口からコトの全てが話されたのでした。

お相手は45歳のバツイチ男性で、結婚相談所で紹介されたそうです。

なんでもK美さんは39歳の頃から結婚相談所に入会して婚活をしていたそうです。

そして入会して1年半くらいしてから知り合った男性と意気投合して交際をスタート。

交際3ヶ月でプロポーズを受け、先日無事に結納を済ませたそうなんです。

えぇ~、あんなに「私は40歳を過ぎて独身だからって負け組とは思っていない!仕事で頑張って勝ち組になってやる!」と男前な言いっぷりだったK美さんが、実は裏では婚活をしていたなんて・・・。

軽いめまいを感じたのは、私だけではないはずです。

そうやってK美さんも勝ち組へと、移籍されていきました。

そのことを受けて「職場の独身OL軍団」が色めき立ちました。

トップに君臨していたK美さんが脱退するとなると、必然的にNo.3だった私は副団長に格上げとなります。

つまりは、私の上には35歳のN子さんしかいなくなるわけです。

絶対N子さん婚活始めますよね!?

万が一、N子さんまでもが結婚するとなると、32歳の若さにして私が「No.1お局様」として君臨しなければなりません。

今までは「K美さんみたいになる前に結婚しなくちゃね~」なんて影でヒソヒソ話をしていたのが、私がターゲットになっちゃうんですよ。

これはリアルにヤバイっしょ。。。

この瞬間にちょっと本気で結婚を諦めていた自分をもう一度奮い立たせるには充分の動機が生まれたのでした。

 


30代で本気の婚活をついにスタート!

私、まだ32歳(もうすぐ33だけど)だから、ちゃんと年相応の婚活をすればまだまだ結婚のチャンスは充分にあると思うのです。

41歳で結婚を決めたK美さんも「35歳までだったら、全然チャンスはあるよぉ~!」と言ってました。

どうやら女性の年齢の壁は30歳と35歳のようです。

35歳になると高齢出産になるから、子供が欲しい男性は34歳までの女性を選ぶ傾向にあるそうです。

今から婚活して出会って交際して結婚するのに1年掛かったとして、そっからソッコーで妊娠できたとしても出産はギリギリ34歳で収まるかどうかです。

これはヤバイと本気で思っています。

かつて婚活サイトや結婚相談所を利用した経験はあるから、すぐにでも婚活をスタートさせることはできます。

軍資金も100万円弱はあるので、複数の婚活サービスを同時に利用することはできそうです。

とにかく時間的な余裕がないので、短期間で結婚相手を見つけられるように婚活サービスを利用したいと思います。

先ずは気になる結婚相談所に資料請求をして無料相談に行ってきます。

やっぱり直接会ってみないと、アドバイザーとの相性とか結婚相談所の雰囲気が分かりませんもんね。

年間で30万円くらいの費用は掛かるので、失敗しないようにしっかりと比較して検討したいと思います。

今はこの5社に絞って比較して、先ずは1つの結婚相談所に絞って活動してみようと思います。
 

【私が無料相談を受けたい5つの結婚相談所】

・オーネット
・IBJメンバーズ
・パートナーエージェント
・ツヴァイ
・誠心

それと自分のペースでお相手探しができる婚活サイトは3つくらい登録して、攻めの婚活も同時進行で進めます。

 

【安心して利用できる3つの婚活サイト】

・ブライダルネット
・ユーブライド
・マッチドットコム

年齢的に私と同年代だったら、今のうちに一日でも早く婚活した方がいいですよ。

K美さんみたいな奇跡が起きればいいけど、現実はそんなに甘くないですからね。

一日でも若いうちに婚活を始めることが、未来の自分に感謝されるキッカケになるはずです。